未分類 0 Comments

公務員とは利益のためではなく、公のために働く人々の事を指します。国に仕えて仕事をするので、一般企業のようにクビになることもなく、ずっと安定して収入を得ることが出来ます。ここでは、公務員について紹介します。

公務員にはいくつもの種類があります。まず国家公務員です。国税専門官や財務専門官、裁判所職員などがこれに当たります。地方公務員は都道府県職員、市町村職員などがこれに当たります。さらに国家公務員と地方公務員は行政職、技術職、資格職、学校事務などで試験区分が分かれます。

行政職は本庁や出先機関で窓口業務を始め、企画や予算管理、施設管理、計画策定、人事、税金の徴収、用地交渉などの仕事を行います。技術職は建築や土木、電気、機械、化学、農業などの分野で専門を活かす職種になります。こちらは理系の専攻である場合が多いです。

さらに公安系公務員には警察や消防などの仕事が該当します。仕事内容は警察業務や、消防士として市民の安全を守ることになります。

教職員も公務員に分類されます。教育公務員として小学校や中学校、高校などで教鞭を執ることになります。少年院や少年鑑別所で少年たちに教育を行う仕事も教職員に該当します。